小売業の株式投資を極めよう 第2回小売~外食編その2

私は、ある程度流動性のある銘柄のみ管理しています。

それらの銘柄で、4月以降に決算発表を行った銘柄は今日まで12社あります。

それらの銘柄名は・・・

4月15日  3547 串カツ田中

4月26日  3085 アークランドサービスHD

6月24日  7630 壱番屋

6月27日  7611 ハイディ日高

7月9日   9861 吉野家

7月12日  3087 ドトール日レスHD

7月12日  8200 リンガーハット

7月12日  3073 DDホールディングス

7月26日  7554 幸楽苑

7月30日  9036 王将フードサービス

7月31日  9936 元気寿司

7月31日  9887 松屋フーズ

7月31日  7412 アトム

7月31日  7421 カッパクリエイト

 8月2日  8163 SRSホールディングス

この中で、ある程度、月次売上3ケ月平均が伸びていた銘柄は、

串カツ田中  (前3四半期平均137⇒今期150)

アークランド (前3四半期平均104⇒今期109)

吉野家    (前3四半期平均103⇒今期109)

アトム     (前3四半期平均98 ⇒今期102)

※ 数字は対前年比の全店月次売上

チャート1

チャート2

チャート3

チャート4

結果は‥

串カツ田中     5.6%高

アークランド  10.2%高

吉野家     5.8%高

アトム     0.8%安

外食の場合、1Q決算発表に影響のある月次売上(3~5月または4~6月)が、前3四半期平均から3%以上増加していたケースでは、増益につながり、翌日株価が大きく上昇するケースが多く見られました。

しかし、月次売上が大きく伸びたからといって、必ずしも増益につながるとは限りません。

それについては、次回にお話をしたいと思います。

外食産業