小売業の株式投資を極めよう 第3回小売~外食編その3

前回のブログでは、月次売上3ケ月平均が伸びていた外食の銘柄は、

・串カツ田中  (前3四半期平均137⇒今期150)

・アークランド (前3四半期平均104⇒今期109)

・吉野家    (前3四半期平均103⇒今期109)

・アトム     (前3四半期平均98 ⇒今期102)

※ 数字は対前年比の全店月次売上

チャート1

チャート2

チャート3

チャート4

結果

串カツ田中     5.6%高

アークランド   10.2%高

吉野家      5.8%高

アトム       0.8%安

月次売上3ケ月平均が伸びていた外食の銘柄は、決算発表翌日の始値では上昇しやすいという結果がでました。

では、その他の小売業の場合も通用するのでしょうか?売上が伸びれば利益が伸びるのでしょうか?

答えは「No」です。売上の伸び=利益の伸びとはならないケースが多いです。

業績

5月~8月現在までに決算発表を終えた、「月次売上が大きく伸びている銘柄群」です。

月次売上が大きく伸びていても、営業増益につながっていません。

翌日始値が上昇した銘柄はケーズHDのみです。

この理由の1つとして考えられるのが、新規出店にかかる費用の大きさです。

外食と家電量販店・ホームセンターを比べてみて、新規出店にかかる費用が同程度だと思いますか?全く違いますよね!

売上が大きく増加した理由が、新規出店によるものだとすると、大きく費用がかかる業界の場合は、増収減益の可能性が大きくなる、ここを理解しておかなければなりませんね。