逆行高銘柄は本当に上がりやすいのか?

NYダウが603ドル下げています。

月曜日は春節明けの上海市場が1週間ぶりに開き大暴落が予想されます。

上記の要因から、日経平均の暴落は必至です。

このように、暴落時に、個別銘柄で逆行高した銘柄は、その後強い動きをするのかを過去の相場で検証していきます。

題材は、2018年の後半の暴落局面で、最初に大幅下落した日(2018年10月11日)に逆行高した銘柄が、その後も相場に反して上昇したのかを検証してみました。

株価チャート

大幅下落の入り口で、日経平均は前日比3.9%下げています。

株価

2018年~2019年にかけて、日経平均が3%以上下落した日は、上の6日間になります。

逆行高した銘柄の動き

今回はこのうち、2018年の10月から12月までの暴落期間の初動(10月11日)に逆行高した銘柄の動きをチェックしてみました。

検証した銘柄数

全市場  3621銘柄

個別銘柄の平均変動率  -3.3%

そのうち上昇した銘柄数   151銘柄

1%以上上昇した銘柄数   63銘柄

さて、日経平均が4パーセントも下落した日に、逆に1%以上上昇した、いわゆる逆行高銘柄が、その後本当に強い動きをしたのでしょうか?

以下が結果になります。

63銘柄中、3か月後上昇した銘柄は

上昇した銘柄数     7銘柄

下落した銘柄数    55銘柄

変わらず          1銘柄

株価

株価 株価

株価

結論

逆行高銘柄が強い、なんて言葉をよく聞きますが、まったく通用しません。データの裏付けを伴った言葉以外は信じてはいけませんね!