負け組投資家と勝ち組投資家の思考の違い

今回は、どのような考え方をすると投資では勝てるのかを、実際のデータを使ってお話しします。

使用するデータは、昨年11月15日~今年2月8日までの4Q本決算発表で最高益更新予定銘柄です。

いきなり結論から話します。

勝てない投資家は、好決算発表で出遅れた銘柄を探します。

勝てる投資家は、好決算発表で買えないほど高く寄り付いた銘柄を買います。

つまり、リスクを取らない投資家=負け組投資家で、リスクを取れる投資家=勝ち組投資家なのです。

実際の具体例をお話しします。

使用データ昨年11月15日~今年2月8日

条件売買代金1日平均5000万円以上で本決算発表で最高益更新予想を出した銘柄

条件抽出銘柄数32銘柄

対象決算発表日6%以上高く寄り付いた銘柄と6%以上低く寄り付いた銘柄

決算発表翌日6%以上高く寄り付いた銘柄は、その後全銘柄上昇、ほとんどの銘柄が大きく上昇しています。

銘柄一覧

決算発表翌日6%以下で低く寄り付いた銘柄は、その後全銘柄が大きく下落しています。

銘柄一覧

つまり、好決算発表で低く寄り付いた出遅れ銘柄を買うと大損、好決算発表で買いづらいけど高く寄り付いた銘柄を買う投資家だけが勝てる、株はそのように出来ているのです。

よく、したり顔で「出遅れ銘柄を探して・・・」と言っている人たちを見かけますが、投資がまったく分かっていない人たちだな~とあきれてしまいます。

出遅れ銘柄で上がる銘柄も、もちろんありますが、投資は確率論です。