優待タダ取り銘柄の 優待取得のベストタイミング

無期限信用取引ができる銘柄は、クロス取引での優待タダ取りをする際に、タイミングが最も大切になります。

注文を早く出しすぎると、「貸株料」がかさみます。逆に、のんびりしていると、気がついた時には、「貸株残なし」というショッキングな表示で後悔することになります。

私は、エクセルを使って、取得費用を毎日自動で更新して、取得するタイミングを計っています。

優待タイミング

優待金額換算」と「取得費用」を日々比較して、得か損かを考える。

取得費用は、以下の通りです。

○ 信用取引手数料(買いと売りの両方)

○ 制度信用買いの金利1日分

○ 一般信用売りの貸株料=日数分

正確には、1カ月以上持つと事務管理費が発生しますが、ここでは割愛しています。

個人的には、お得感を感じるのは、株主優待を金額換算した時の3分の1以下の費用で株主優待を取得できる場合ですね。

半額以上かかってしまっては、全くお得感を得ることができませんね。みなさんはいかがでしょうか?

ボタン